​災害への備え

2018年7月、中国地方を中心に「西日本豪雨災害」が発生しました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。最近、日本全国各地で地震や水害など自然災害が多く発生しております。私たちの身の回りでも、常日頃からの備えが大切です。

柏市におきましても、「地震」「河川」「土砂災害」に関する「各種ハザードマップ」が公表されています。万が一に備え、平時である今こそお目通し頂き、有事の際は、ご近所の皆様と協力し合って行動に移って下さい。

柏市の掲載記事へのリンクボタンを下に掲載させて頂きます。リンク先のページのそれぞれのボタンをクリックして下さい。

※各災害に関するページに進む時、「確認事項」の項目が表示されますが、その先をご覧になる場合は「同意する」ボタンを押してお進み下さい。

今からできる防災(NHKの情報テロップより)

①寝るときは、動きやすい服装。避難時は着替える必要なく、そのまま外に。

②カーテンはしっかり閉めよう。窓ガラスが割れた場合、破片を防げる。

③風呂の水は抜かない。断水になっても、最低限の生活用水を確保する。

④大切なものは、2階そして袋へ。浸水の被害を免れる可能性が高まる。

⑤携帯電話の充電を忘れない。懐中電灯や携帯ラジオは枕元に。

⑥家族など、いざという時の緊急連絡先をもう一度確認。

備えの仕方について(神戸市ホームページより)

​「いざという時のために、日ごろから最低限度の必要な備えは必要」とはいうものの、ではどんな備えが必要なのでしょうか。

先の「阪神・淡路大震災」や「東日本大震災」で、甚大な被害を受けた兵庫県神戸市や千葉県浦安市のホームページでは、パンフレットを公開しています。

私たちの日ごろの備えの参考とさせて頂くべく、リンクさせて頂きます。詳しくご覧になりたい方は、下のボタンをクリックして下さい。

​柏市洪水ハザードマップと避難時の心得

柏市の洪水ハザードマップにつきましては、「避難時の心得」や「ハザードマップ」が紙面でも配布されています

そちらのデータも貼らせて頂きます。ご活用下さいませ。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now